赤穂市
赤穂市ウェブサイト

赤穂市プレミアム付商品券利用可能店舗募集要項マスコット

目次

1.趣旨

消費税率の引上げが、住民税非課税の方、子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに地域の消費を下支えするために発行する赤穂市プレミアム付商品券について、当該商品券の利用可能店舗を募集します。

事業概要はこちら募集要項をダウンロード(PDF)

2.発行する商品券

名称 赤穂市プレミアム付商品券
発行者 赤穂市
発行総額 2億5000万円(予定)
プレミアム率 額面の20%(販売額の25%)
発行冊数 5万冊(予定)
一冊あたりの構成 額面総額5,000円(うちプレミアム分1,000円、利用者には4,000円で販売) 商品券1枚あたりの額面は500円とし、10枚で1冊とする
販売期間 令和2年2月14日(金)にて販売を終了しました。
利用可能期間 令和2年2月29日(土)にて終了しました。

3.商品券の基本的な取扱い

  1. 商品券は利用可能店舗での商品の販売やサービスの提供などの取引に係る支払に利用できます。
  2. 商品券は、指定方法以外での換金や転売、譲渡を行うことはできません。
  3. 商品券額面以下の支払に利用する場合であっても、つり銭は支払いません。
  4. 商品券額面を超える支払に利用する場合は、不足分は現金等で受け取ってください。
  5. 利用期間を過ぎたものや裏面に他店の店名等が記入されたものは受け取らないでください。
  6. 商品券の盗難、紛失、滅失又は偽造・変造・模造に対して、赤穂市は責任を負いません。

4.商品券の利用対象とならないもの

  1. 出資や金融商品、債務の支払い(税金、振込手数料、電気・ガス・水道料金等)。
  2. 有価証券、商品券、ビール券、図書券、切手、官製はがき、印紙、プリペイドカード等の換金性の高いものの購入。
  3. たばこ事業法(昭和59年8月10日法律第68号)第2条第1項第3号に規定する製造たばこの購入。
  4. 事業活動に伴って利用する原材料、機器類及び仕入商品等の購入。
  5. 土地、家屋購入、家賃・地代・駐車場(一時預りを除く)等の不動産に関わる支払い。
  6. 現金との換金、金融機関への預け入れ。
  7. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に該当する営業に係る支払い。
  8. 特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの。
  9. 商品券の交換又は売買。
  10. その他、利用対象商品にふさわしくないものとして赤穂市が指定するもの。

5.利用可能店舗の応募資格

  1. 赤穂市内に立地する店舗・事業所があるもの。
  2. 本募集要項を遵守でき、下記のいずれにも該当しないもの。
    • 4.商品券の利用対象とならないもので定める商品券が利用できない商品・サ ービスのみを取扱うもの。
    • 特定の宗教・政治団体と関わる場合や公序良俗に反する営業を行っているもの。
    • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、同条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有しているもの。
    • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号) 第2条に規定する性風俗関連特殊営業、設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある営業および食事の提供を主目的としないキャバレー、クラブ、待合などの店舗等の営業を行っているもの。

6.利用可能店舗の責務

  1. 赤穂市プレミアム付商品券の利用可能店舗であることが明確になるよう、市が配布する「赤穂市プレミアム付商品券利用可能店舗ステッカー」を利用者が分かりやすい場所に掲示してください。
  2. 利用者が商品券を持参したときは、受け取る前に見本券や偽造防止策により正規のものであるか確認し、偽造された商品券と判別できる場合は商品券の受取りを拒否するとともに、その事実を速やかに赤穂市まで報告してください。また、商品券の裏面に利用可能店舗名が記入されているものは受取りを拒否してください。
  3. 商品券を受け取ったときは、他店での利用を防止するため裏面の所定欄に利用可能店舗名を必ず記入(スタンプ可)してください。
  4. 商品券の交換、譲渡、転売は行わないでください。利用期間内において利用された商品券のみ換金可能です。
  5. 利用可能店舗自らの事業上の取引(商品の仕入れなど)に利用しないでください。
  6. 自ら商品券を購入し、自店舗で利用したかのように偽るなどの不正行為は堅く禁じます。
  7. 使用済商品券の紛失や盗難、換金期限切れ等による損失は利用可能店舗の負担とします。
  8. 利用可能店舗の登録事項に変更があったときは、速やかに届け出てください。

7.利用可能店舗の登録手続き

※利用可能店舗の登録業務は、㈱日本旅行に委託しています。

  1. 募集期間
    募集開始から9月3日(火)まで *令和2年2月28日(金)にて終了しました。
  2. 登録料
    不要
  3. 申込方法
    登録はウェブサイトから受け付けます。
    商品券利用登録店舗申し込みフォーム
    ウェブサイトから登録ができない場合は、申請用紙をダウンロードし、ファックスにてお申込みください。

    FAX申請用紙をダウンロード
  4. 利用可能店舗説明会
    次の日程で説明会を開催しますのでいずれかの日程に必ずご参加ください。(参加のお申込は不要です。)
    開催日 会場 時間帯① 時間帯② 時間帯③
    令和元年9月9日(月) 赤穂市文化会館
    ハーモニーホール 2階学習室
    10:30 ~ 12:30 14:00 ~ 16:00 18:00~20:00
    令和元年9月14日(土)
  5. 利用可能店舗の承認
    申込受付後、必要事項を確認し、利用可能店舗として承認し、後日、赤穂市プレミアム付商品券利用可能店舗ステッカー、商品券の見本券、商品券の取扱や換金に関するマニュアル等を利用可能店舗説明会時に配布します。説明会に参加されない利用可能店舗は後日登録住所宛に送付します。
    ※利用可能店舗説明会の開催日時については(4)説明会に記載しております。
  6. 登録の取消
    利用可能店舗が、本募集要項に違反すると認められる場合は、換金の拒否や直ちに登録を取り消すとともに、店舗名の公表及び損害金の返還請求等を行うことがあります。
  7. その他
    市内に複数店舗等があり、それぞれ利用可能店舗として登録を希望する場合は、店舗ごとにウェブサイト上で登録してください。

8.商品券の換金

  1. 換金方法
    使用済み商品券の裏面に店名を記入等した上で、使用済み商品券を赤穂商工会議所に持参してください。後日、赤穂市プレミアム付商品券事務局から換金額を指定口座に振り込みます。
    ※換金手数料や振込手数料はかかりません。
    ※口座振込以外の換金はいたしません。
  2. 換金期間
    令和元年10月1日(火)から令和2年3月10日(火)まで
    ※令和2年3月11日(水)以降は、いかなる理由があっても換金受付できません。
  3. 換金日程
    持参日 振込日 持参日 振込日
    10月2日(水) 10月15日(火) 1月6日(月) 1月17日(金)
    10月21日(月) 10月31日(木) 1月21日(火) 1月31日(金)
    11月5日(火) 11月15日(金) 2月4日(火) 2月17日(月)
    11月20日(水) 12月2日(月) 2月18日(火) 3月2日(月)
    12月4日(水) 12月16日(月) 3月4日(水) 3月16日(月)
    12月20日(金) 1月6日(月) 3月10日(火) 3月31日(火)

9.利用可能店舗の広報

※利用可能店舗のお申込み時の情報がそのまま掲載されますので、誤記等のないようお気をつけください

  1. 利用可能店舗一覧(チラシ)
    9月3日(火)までに登録手続きを終えた利用可能店舗については、購入対象者向けの利用可能店舗の一覧(チラシ)に店名を掲載します。
    9月4日(水)以降の登録は、ウェブサイト上のみの掲載となります。
  2. ウェブサイト
    ウェブサイトで公開し、「店名」「キーワード」「業種」を使って検索ができます。

店舗さま向けお問い合わせ

お問い合わせ
赤穂市プレミアム付商品券事務局
06-6485-5315
受付時間:平日10:00~17:00(土日・祝日休み)
おかけ間違いのないようにお願いします。

トップへ